音魂と舞の宴 in 伊勢

2014年6月14日

伊勢二見浦 ライヤーと言舞・オイリュトミーのワークショップが行われました。



伊勢の海清き渚より富士の山影を望み、
輝き昇る夏至の朝日を拝みながら、
虹色に輝く愛の輪 和 環 が大きく地球を包みますように

主催 河本華賀美
会場 賓日館
住所 〒519‐0609 三重県伊勢市二見町茶屋566‐2
交通 伊勢二見鳥羽ライン二見JCTより車で4分 ・JR二見浦駅より徒歩12分 

秦 理絵 オイリュトミーワーク
ライアー演奏 池末みゆき&オイリュトミー言舞宴舞 秦 理絵

伊勢3日の出1.jpg













伊勢1多賀宮前の木とわたし.jpg






ヘンプの服を作り、ヘンプの素晴らしさを伝える「虹の天使」
河賀美さんのプロデュースによる素敵な会でした。、

6月13日、1週間の仕事を終えた足で伊勢に向かった私は、
夜7時30分ごろ、二見浦に着いた時はさすがにぐったり・・・

でも!車窓から月の出が見えた途端、
その満月があまりに煌々と大きくて、
驚きで疲れがいっぺんに吹き飛びました。

翌朝4時に起きて日の出を拝みに海岸へ。
そこにも驚きが待っていました。二見浦から富士山が見える!
朝日は水平線にうっすら浮かぶ富士山の稜線から現れ、
ポン、と頂上に乗りました。
夏至に近い太陽の金色のエネルギーが海の路を通って寄せて来る、
素晴らしい日の出でした。


伊勢2二見浦舞1.jpg








午前中、明治期に建てられたん文化財の賓日館にて、
日本語のオイリュトミーのワークショップ。

午後は、ライヤー大家・池末みゆきさんとのコラボで大祓の詞の舞。
海鳴りが聞こえるような近さの、海を背景にしたお座敷で。
海の愛(かな)しみ、喜びのうねりと共に舞わせていただきました。
その後は、浜辺の歌など、日本歌曲と動きました。

2回目になる池末先生との合わせも息が合い、
今回も素敵な方たちとの出会いが沢山ありました。
地元の方のご好意で、外宮・内宮に早朝のお垣内参拝、
そして伊雑の宮にまで行くことができました。
人も少ないお宮の清々しかったこと。

伊勢のお米、海草、みな美味しかったけれど、
やはり、赤福氷と塩羊羹が最高。


本当に豊かな体験をさせていただきました。

はた りえ


伊勢4賓日館.jpg