はたりえ × 石坂亥士 「言舞~コトマイ」公演

2015年1月25日


2015年の舞初めは、神奈川県旧藤野町のシュタイナー学園オイリュトミーホールで。神楽太鼓の石坂亥士(イシザカガイシ)さんと水と光と土の響きを舞いました。



kotohogi3.jpg
この日は、風もやみ、あたたかなハレとなりました。
神楽太鼓の石坂亥士さんとの協演も何回かを重ねました。
彼も言うとおり「打ち合わせしなくてもできる」


いえ、もちろん打ち合わせも練習合わせもしますよ。
けれど、さっと話すだけで、互いに聞こえないところをききとって
互いに奏で合ってつくっていける・・・


そんな何人かの音楽家の人たちと出会えているのは、本当に幸せなこと。亥士さんの演奏に触れるたびに、国境を越えた広がりを持つその演奏の根っこには、郷里の神楽があるのだな、と感じます。


ルーツを張ることで、地球規模の広がりを持っていけるのでしょうね。私も、オイリュトミーに深く根ざして、地球に広がっていこうと思います。






意図したわけではないのですが、年と日も1と2と5でそろい、
地元での手作り広報だけでしたが、ちょうどぴったり100人のお客様が来てくださいました。


祓詞と太鼓の動きで、本番では身も心も火のように熱くなりました。
小さな子どもたちは、太鼓の舞に湧いていました。



kotohogi1.jpgことほぎ2015.jpg

kotohogi2.jpg