阿蘇の日の宮、弊立神宮で、 舞い初め

 

日の宮・弊立神宮 阿蘇

2014年1月4日

今年の仕事初めの昨日は、阿蘇の日の宮・弊立神宮で、舞い初めをさせていただきました。

素晴らしく深い響きを産み出す
ライヤーの池末みゆき先生との初合わせ、
本当に楽しい奏で合い。

 

日の宮・弊立神宮で舞い初め

これも初めて河本華賀美さんの手になる麻の服。
そして、秦泉寺由子さんからいただいたバリの御神木染めの布。

 

日の宮・弊立神宮で舞い初め

それが、境内の巨木たちと水と呼応して、
木と泉の言葉を舞わせていただきました。

生まれたばかりのかすかな月の光を辿って
泉に行き着く

 

尽きない水が
希みをうたいながら
湧き出るいずみ

木は 宙(そら)と大地にかかる橋
人は空(くう)を満たすひとときの輝き

一回行うごとに新たな出会い、
新しい課題!

みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。