オイリュトミー公演 ふたたび戦いを学ばず

京田辺シュタイナー学校第一ホール

2014年9月14日

語りと動きによる、和合亮一の詩とラベルの音楽

オイリュトミー・語り はた りえ
オイリュトミー・ピアノ即興 宇佐美陽一
ピアノ 三木ゆりあ

オイリュトミー ふたたび戦いを学ばず

美しい晴天の日曜日。京田辺シュタイナー学校のホールをお借りして、「ふたたび戦いを学ばず」初演、無事終了しました。

オイリュトミー ふたたび戦いを学ばず

 

「ふたたび戦いを学ばず」の感想をいただきました。

◎T様より
夕刻、学校にてオイリュトミストの宇佐美さん、秦さんによるオイリュトミー公演『ふたたび戦いを学ばず』参加。素晴らしかったです。宇佐美さん、秦さん、有難うございました!形のない音楽の身体表現による視覚化、でしょうか。ラヴェルの『クープランの墓』のお二人の流れる動き。

しかし白書は、和合亮一さんの詩だったと思います。311で逝った大勢の方へのレクィエム。劇のような構成で常のオイリュトミーとは違った印象。クープランの墓の静謐、どちらかと言えば明るい感じの曲調(でも同曲は第一次大戦でのラヴェルの死んだ知人へ献呈された鎮魂曲です)との対比の妙。最後の『明けない夜はない』と言う台詞に象徴される希望、未来。そして私たちは…考えさせられる舞台でした。再演ないかなぁ〜。

◎Y様より
昨日は、素晴らしい公演をありがとうございました。何故だか、ものすごく懐かしい気持ちとじんわりお腹のあたりから、力が込み上げてくるような感覚になりました。途方もなく立ち尽くし、迷い、戸惑う日々に元気を頂きました。