笛とオイリュトミーによる「雁の童子」

2017年1月13日(金)東京オペラシテイ内近江楽堂


hata3.jpg
「雁の童子」の公演、無事終了いたしました。
昼の部夜の部とも、ご来場の多くのみなさまに感謝いたします。

そして宮沢賢治の透き通った言葉の糧に。
その中に入り、体現し、楽の音と声と動きで空間に放てること。
それを場を共にする人たちに受けとめて応えていただけること。
ほんとに幸せなことです。

雲龍さん、私も、響きあい、最高でした!
近江楽堂の十字の窓を通して~もちろん別の場所でも~
広い空とつながれるよう、今年も進んでいきます。
リハーサルの写真から。



hata1.jpg
☆すばらしいひとときでした。
今回、初めてはたさんのオイリュトミーの公演に参加させて頂きましたが、自在に、純粋な内的必然性に導かれるようにして舞うはたさんの身体と、大気と大地の触れ合う音そのもののような雲竜大倉さんの豊饒な音色が、近江能楽堂の静謐な空間に、さまざざまな目に見えない描線を刻んでゆくようで、感銘深かったです。

はたさんが踊りながら手にしていた布が、最初は「怪しい空から落ちてきて赤い焔につつまれ、かなしく燃えて行く人たちの姿」そのもののように最初は緋の色であり、やがて浄化への祈りのように、青色の布へと変わってゆく様、その青色の布を嬰児を慈しむように抱く姿も印象的でした。

『雁の童子』の朗読を聴くこと自体初めてでしたが、雲竜さんの音色と呼応するような、沈潜した、奥行きのあるお声と拝聴しました。全体の構成も、雲竜さんの音色だけのパート、音色と朗読、音色と舞踏、全くの無音のただ中での舞踏、といったパートが緊密に組み合わされていることが見事だと思いました。

余談ながら東京オペラシティは私の高校、大学の同期の友人が設計したもので、そのこともあって感慨深い公演でした。蛇足ながら、公演終了後にはたさんに私の前橋文学館における御巣鷹山墜落事故についての講演採録をはたさんにお渡ししましたが、なぜか帰宅してからようやく、あの未曾有の出来事もまた「怪しい空から落ちてきて赤い焔につつまれ、かなしく燃えて行く人たちの姿」というべき出来事であったと思い至りました。平和への祈りに深く唱和したいと思います。


hata2.jpg
☆感動その2
「雁の童子」宮沢賢治作
はたりえさんの言舞の舞台を見た事。笛は雲龍さん。
オイリュトミーを知ったのは最近で、オイリュトミストのはたりえさんと出会ったのは一年前。
東京オペラシティに出かけたのもずいぶん久しぶり。
近江楽堂は初めて。
珍しく開場前に着いたら、何と長野の友人が並んでいてびっくり。
舞と語りと笛のみ。
シンプルでそれでいて舞台には雁が列を組んで飛ぶ空が浮かび、風が吹く。
語りの最初から鼻を啜る音がしたと思ったら、近くの男性が嗚咽を堪えていらした。

打ち落とされた雁の群、残った一羽の小雁は、童子となって育てられる。連れ立って歩くと、子供達が囃し立てる。
「雁の捨て子」と。
小石を投げる子もいる。
何だか似たような状況を思い出した。
はたさんの舞の美しさと清々しさ、軽やかで少女のようでいて、凛とした厳しさも感じる。
そして心に迫る語りの声と間。
私も声に出して、この「雁の童子」を読んで見たくなった。



15965424_1239043916161435_4767179977762814430_n.jpg
☆近江音楽堂 は 静謐な 礼拝堂のように清らかな光満ちて。。。雲龍様の 笛の響きのなかで。。。私たちは 流沙の南の、楊で囲かこまれた小さな泉の水際に 招かれる。。。
はた様 の オイリュトミー と 語り は 天の舞 で あり。。。
天使 の ことのは。。。
雁の童子 宮沢賢治。。。
かけがえのない 命の 煌めきを 宿した 物語。。。
聖セシリアと 聖マリア・マグダレナと ともに過ごした 夢のような 祈りの ひと時。。。

☆笛の音が意識のふかみへといざない語りが「雁の童子」の世界を私たちの心に刻みつけてゆく。そして舞いが時に静かに時に激しく空を切ることで命のゆらめきを輝かせる。命とは本当にはかなくしかし尊いものですね。心に沁みるひとときをありがとうございました。

☆とてもとても素晴らしい時間でした。そこここに、命が生まれる瞬間を見ました。まるで、違う世界をたゆたっているかのような、不思議で心地よい時間でした。
まだうまく言葉に出来ませんが、何よりも、あの時間を頂けたことに、心から感謝します。ありがとうございます。

☆昨日は、先生の清らかな声の響きとオイリュトミー、
雲龍さんの笛音が心地良く織り成される素晴らしい世界を魅せて頂きありがとうございました。
笛の音に誘われ、す〜っと物語の深いところにいざなわれ、雁の童子の世界を心静かに味わいました。雲龍さんとはた先生の響きあいに感動しました
素晴らしい人間力を魅せて頂き、
心震え、英気を頂きました。
いつの日か、またおふたりの響きあい
お目にかかりたいです。



15940984_1529502093731125_7020018203511535791_n.jpg
☆宮沢賢治の「雁の童子」をもとに、
能楽鼓の大倉家、笛奏者の雲龍さんの柔らかで透き通った揺らぎのある笛の響きのなかで、
言葉と舞の運動芸術を推進されている はた りえさんが語り、舞われる会に皆川久美子さんと行ってまいりました。
雲龍さんとはたさんは
何ものにもとらわれることのない
「中庸」で表現され、
はたさんの舞や語りの無駄のない動きに感銘をうけました。
だからこそ、伝えるべきことが伝わるんでしょうね。
さらに、
感じる
「西洋と日本の芸術による霊的融合」。

☆はたさん、昨日はありがとうございました。
私も、はたさんのオイリュトミーと語りは最高でした。 とても新鮮な気持ちになり、今年初めの笛として感謝の気持ちでいっぱいです。
「雁の童子」にお声かけくださりありがとうございました。
オイリュトミーと、自らの語りの世界は、何だか不思議な気持ちで、今でも宇宙を漂うよっているような感じです。
天窓からのひかりがあわさり、宇宙へと誘われてゆくような心地よい空間でした。
はたさんの語りと、衣が風を呼び、舞姿が素晴らしかったです。
今朝奈良へと移動して、奈良の風を感じていますが、まだ気持ちは雁の童子の余韻を楽しんでいます。
この気持ちをいろいろなところへと繋いでゆきたく思います。

また、どうぞよろしくお願い致します。



クラス0023_large.jpg初めて方も参加できるオイリュトミークラスが神楽坂で開かれます。

講師 はた りえ
日時 12/18 10時から11時30分
会場 赤城生涯学習館
費用 2000円(各回)
申込 kagurazaka.class@gmail.com

ゆったりした動きやすい服装、持っている方はオイリュトミーシューズ、または底の柔らかい上履きをお持ちください。

神楽坂オイリュトミークラス

0037_large - バージョン 2.jpgオイリュトミー芸術は体の動きを言葉・歌と新しく結びつけ、そこにいのちのリズムを吹き込む運動芸術です。

20世紀の初めに、人智学の創始者、ルドルフ・シュタイナーによって基礎づけられました。

オイリュトミーについて

イスラエル2014d.jpg
これまでの活動(2013年より現在)をご紹介しています。

これまでの活動のご紹介

Eurythmy by Rie Hata


韓国で知り合った太鼓奏者のminaさんが、私がこの数年行ったオイリュトミーの祈りの舞を5分のビデオにまとめてくれました。
minnaさんの太鼓は、おしまいの般若心経のところで鳴っています。

はた りえ Rie hata

和装0004_large.jpg

プロフィールへ