教育シンポジウムとヴァルドルフ学校訪問

 

韓国へ訪問

2013年11月28日から12月3日

 

韓国 教育シンポジウムとヴァルドルフ学校訪問

羽田空港国際線ターミナルでは、広々と光が踊っています。これから韓国に行ってきます。金・土曜日、向こうのヴァルドルフ(シュタイナー)学校で子どもたちとオイリュトミー。

そしてSuwon市での教育シンポジウムでお話。スイスから帰国して10日後、今度は隣国へ。どんな出会いがあるでしょう?!

 

 

韓国 教育シンポジウムとヴァルドルフ学校訪問

ヴァルドルフ学校でオイリュトミー
許可を得て、韓国の若いヴァルドルフ(シュタイナー)学校の一教室の一光景を紹介すます。お弁当中、歯磨き中。

こんな、人懐こい元気一杯の1年生から8年生までの子どもたちが、初めてのオイリュトミーをとても楽しみに待っていました。零下の韓国、さむーい教室も動いているうちにポカポカ。

 

韓国 教育シンポジウムとヴァルドルフ学校訪問
シュタイナー教育紹介シンポジウム
午後、新興文化都市、Suwon主催のシュタイナー教育紹介シンポジウムには、420人の参加者が。今日は、ソウル市内の女子大を会場に行われたシュタイナー教育講座で講演させていただきました。寒くても熱いコリア。これから友達と舞踊公演へ。明日の朝、日本へ帰ります。

 

韓国から帰国201311

空から降りてきました。11月、6回、空から降りてきました。モチロン飛行機で。日本には2回。

ヒマラヤ上空で夜明けを迎え、山脈を越え、乾いた大地に川が流れ出し、黄河のうねりとなって海に流れいるまで、眺めてきました。

日本は何て水豊かなくになのでしょう。土と緑と燦々と降り注ぐ陽の光。日本に着いたら、涙が出ました。ただ、ありがたくて。

何度も海外から帰って来ているのに、この度ほど日本の自然が心に染みたことはありません。韓国からの帰途、上空から着陸直前まで、青い富士山の姿と一緒でした。

こんな美しい水のくにだからこそ、してはならないことがある。もっとしなければならないことがある。空からの視点を、贈られました。